パパス(Papas)のクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

パパスのクリーニングメニューです。パパスの商品のほとんどは、メイド・イン・ジャパンにこだわりを持っており、素材選び・縫製・染色などの全ての工程が日本の職人の手によって行われています。

バッグのクリーニング料金

オプションメニュー
  • 撥水 +1,320円(税抜価格1,200円)
  • 消臭 +1,320円(税抜価格1,200円)
  • 防カビ +1,320円(税抜価格1,200円)
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は12,100円(税抜価格11,000円)増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,300円(税抜価格3,000円)増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,300円(税抜価格3,000円)増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,300円(税抜価格3,000円)増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

オプションメニュー
  • 撥水 +880円(税抜価格800円)
  • 消臭 +880円(税抜価格800円)
  • 防カビ +880円(税抜価格800円)
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,500円(税抜価格5,000円)増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,200円(税抜価格2,000円)増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,200円(税抜価格2,000円)増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,650円(税抜価格1,500円)
  • 消臭 +1,650円(税抜価格1,500円)
  • 防カビ +1,650円(税抜価格1,500円)

パパスについて

1964年、デザイナーの荒牧太郎がレディースブランド『マドモアゼルノンノン』を原宿にオープンしたことが、ブランドの始まりとなります。その約20年後の1986年には、メンズブランド『パパス』が設立されます。

パパスのブランド名の由来は、アメリカの文豪のヘミングウェイの愛称であるパパからきており、ヘミングウェイの自由で遊び心のある人生観と、荒牧太郎の生き方を融合させたファッションは、30代後半~50代までの父親世代から圧倒的な支持を受けています。また、パパスの商品のほとんどは、メイド・イン・ジャパンにこだわりを持っており、素材選び・縫製・染色などの全ての工程が日本の職人の手によって行われています。アメリカン・ヴィンテージカラーの強いデザインに、日本の繊細な技術を掛け合わせ、大人の余裕が伺えるラインアップを展開しています。

2018年春夏の展示会には、アメリカのロックンロールの創始者のひとりであるファッツ・ドミノが歌う懐かしのジュークボックスから流れ、『ベガスジーンズ』をテーマにしたパパスのアイテムが展示されるなど、1960年~70年代のアメリカにタイムスリップしたような感覚を覚える展示会となりました。