エルメス(Hermes)のクリーニング・修理メニュー①~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

エルメスのクリーニングメニュー①です。下記アイテムを除いたあらゆるエルメスの商品が対象となります。

※除外アイテム(エルメスバーキン、エルメスケリー、エルメスボリード、エルメスケリークラシック、エルメスドゴン、エルメスベアン、エルメスアザップ)に関してはこちらの料金表をご覧ください。

バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は11,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

 

エルメス(Hermes)バッグ|クリーニング・修理事例

エルメス(Hermes)バッグのクリーニング事例をご紹介します。

キャンバスとレザーのコンビトートバッグのクリーニング事例です。キャンバスの黒ずみ・汚れ・ムラが大変目立ちました。銀イオン水で丁寧にクレンジング・しみ抜きでさっぱり仕上げました。

Before エルメス(Hermes)バッグ クリーニング前

After エルメス(Hermes)バッグ クリーニング後

Before エルメス(Hermes)バッグ クリーニング前

After エルメス(Hermes)バッグ クリーニング後

エールライントートのクリーニング事例です。汚れ・シミが各所に目立ちました。銀イオン水と専用洗剤でクレンジング・整型致しました。コーヒーをこぼされたとの事で、念入りな消臭も施工しました。

Before Hermesエールライントート クリーニング前

After Hermesエールライントート クリーニング後

Before Hermesエールライントート クリーニング前

After Hermesエールライントート クリーニング後

エールバッグ(着せ替えバッグ)キャンバス本体のクリーニングです。色褪せを特殊技術で復活させました。

Before

After

Before

After


エルメス(Hermes)バッグ フールトゥ|クリーニング・修理事例

エルメスの定番バッグのフールトゥです。色褪せ・ヤケを特殊技術で色調を戻しました。自信作です。

Before エルメス(Hermes)バッグ フールトゥ クリーニング前

After エルメス(Hermes)バッグ フールトゥ クリーニング後

Before エルメス(Hermes)バッグ フールトゥ クリーニング前

After エルメス(Hermes)バッグ フールトゥ クリーニング後

銀イオン水と専用洗剤でクレンジング、汚れがさっぱり除去されました。

Before Hermesフールトゥ クリーニング前

After Hermesフールトゥ クリーニング後

Before Hermesフールトゥ クリーニング前

After Hermesフールトゥ クリーニング後

銀イオン水と専用洗剤でクレンジング、汚れがさっぱり除去されました。

Before

After


エルメス(Hermes)バッグ エブリン|クリーニング・修理事例

スーパーラグジュアリーアイテム、エルメスエブリンのクリーニング事例です。 黒ずみ・ご使用摩擦をしっかり磨きと艶出し・リカラーで仕上げました。

Before

After

Before

After


エルメス(Hermes)バッグ ヴィクトリア|クリーニング・修理事例

スーパーラグジュアリーアイテム、エルメスヴィクトリアのクリーニング事例です。 オレンジをビジネス向けにブラックへのカラーチェンジのご依頼です。風合いも良く、職人自信の仕上がりです。

Before

After

Before

After


エルメス(Hermes)財布ベアン|クリーニング・修理事例

スーパーラグジュアリーブランドであるエルメス財布「ベアン」のクリーニング事例です。 クレンジング・磨き・色かけ(リカラー)で見違える仕上がりに。

Before

After

Before

After

Before

After


エルメス(Hermes)バッグ「ガーデンパーティー」|クリーニング・修理事例

エルメスのバッグ「ガーデンパーティー」のクリーニング事例をご紹介します。

お洋服にコーディネートしにくいということで、思い切って黒へのカラーチェンジのご依頼です。大変ご満足頂きました。自信作です。

Before エルメス(Hermes)バッグ「ガーデンパーティー」クリーニング前

After エルメス(Hermes)バッグ「ガーデンパーティー」クリーニング後

Before エルメス(Hermes)バッグ「ガーデンパーティー」クリーニング前

After エルメス(Hermes)バッグ「ガーデンパーティー」クリーニング後

ご使用摩擦の多い部分をしっかり下地を作り、リカラーしました。

Before

After

Before

After

Before

After

皮革部分の色かけ(リカラー)修整とキャンパス地全体をキレイに仕上げました。

Before

After

Before

After

全体のソフトクレンジング、レザーには保湿・磨き・色かけ(リカラー)施工で輝きが甦りました。

Before エルメス(Hermes)ガーデンパーティー クリーニング前

After エルメス(Hermes)ガーデンパーティー クリーニング後

Before エルメス(Hermes)ガーデンパーティー クリーニング前

After エルメス(Hermes)ガーデンパーティー クリーニング後

キャンバスのしつこいシミを特殊染みぬきで、スッキリ。レザーパーツは、磨き・艶出し・保湿でしっかりメンテナンスしました。

Before

After

Before

After


エルメス(Hermes)スニーカー|クリーニング・修理事例

エルメスレザースニーカーのクリーニング事例です。カビが生え、革の脂分が抜けて艶が消えていました。銀イオン水と専用洗剤でクレンジング。たっぷり保湿で仕上げました。

Before エルメス(Hermes)スニーカー クリーニング前

After エルメス(Hermes)スニーカー クリーニング後

Before エルメス(Hermes)スニーカー クリーニング前

After エルメス(Hermes)スニーカー クリーニング後


エルメスについて

エルメスと言えば誰もが憧れる超高級ブランド。バッグだと、バーキン(Birkin)、ケリー(Kelly)、ガーデンパーティー(Garden Party)。財布だと、ベアン(Beant)、ケリー(Kelly)、ドゴン(Dogon)などといった商品が人気です。

もともとエルメスは馬具を製造するブランドとして創業しました。その後、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、現在ではバッグや財布といった皮革製品から、衣服や靴といったアパレル製品まで幅広い商品展開を行っています。ロゴマークには、馬具製造の名残から馬・馬車などが描かれています。これは当時パリで流行していた馬車の形態で、主人自ら馬を操り、従者はその補助をするというスタイルのものです。

エルメスと言えばパッケージや店舗に使われているオレンジ色がブランドカラーとなっていますが、もともとの包装紙は薄いベージュ色でした。第二次世界大戦の時に、物資不足が深刻となり、包装紙さえも無くなってしまいました。そんな中店に残っていた強烈なオレンジ色の紙を使わざるをえなくなったのですが、それ以降オレンジ色の印象が強く残り、1945年にオレンジ色を使うことに決定しました。

クリーニングメニュー