クロエ(CHLOE)のクリーニング・修理メニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

クロエのクリーニングメニューです。人気モデル『パディントン』やミニショルダーバッグ『ドリュー』が代表作となっています。

バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は11,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

 

クロエ(Chloe)財布|クリーニング・修理事例

クロエ(Chloe)財布のクリーニング事例をご紹介します。

長年ご愛用で、くたびれ感たっぷりでした。ソフトクレンジング・磨き・明るめの色調の色かけ(リカラー)で仕上げました。

Before クロエ(Chloe)財布 クリーニング前

After クロエ(Chloe)財布 クリーニング後

Before クロエ(Chloe)財布 クリーニング前

After クロエ(Chloe)財布 クリーニング後

クロエ長財布のクリーニング事例です。ボールペン跡をしみ抜きで除去し、磨きと色かけ(リカラー)で仕上げました。3色の大変工数の多い施工です。

Before クロエ(Chloe)財布 クリーニング前

After クロエ(Chloe)財布 クリーニング後

Before クロエ(Chloe)財布 クリーニング前

After クロエ(Chloe)財布 クリーニング後


クロエ(Chloe)バッグ|クリーニング・修理事例

高級ブランド クロエのバッグをクリーニングした事例をご紹介します。

鮮やかなレッド系のレザーバッグです。キズ・剥離が大変目立ちました。色かけ(リカラー)で見違える仕上がりに。自信作です。

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後

レザーバッグのクリーニング事例です。シミ・色ムラ・ヤケが大変目立ちました。微妙な色合い・風合いを大切に色かけ(リカラー)で仕上げました。

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後

レザーバッグのクリーニング事例です。ご使用摩擦で、キズ・剥離が大変目立ちました。明るめの色調への色かけ(リカラー)のご要望にお応えしました。

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後

Before クロエ(Chloe)バッグ クリーニング前

After クロエ(Chloe)バッグ クリーニング後


クロエについて

1952年、既製品服(プレタ・ポルテ)の祖ともなるクロエを誕生させたのは、エジプト系パリジャンであるギャビー・アギョンでした。ブランド名に自身の名前を入れなかったのは、自身の名前が占い師のようだというギャビー本人の意向により、友人の名前からクロエと名付けたとされています。2000年代に入るまで、服と香水のみを扱ってきたクロエですが、数々の敏腕デザイナーが歴任することでブランドは大きく発展していきます。

クロエのレザーアイテムを一躍世界の虜にしたのが、エディターズバッグの祖でもある人気モデル『パディントン』でした。パディントンは、2001年にデザイナーがファビー・フィロに変わってからバッグコレクションの展開に先だって発表されました。インパクトの強いパディントンの顔とも呼べる、バッグのフロントを飾る南京錠(カデナ)や、キッドレザーやカーフレザーを使用したくたっとした柔らかい表情が、このバッグの特徴ともいえます。

パディントンの発表を機に、バッグコレクションが世間に知れるところとなり、最近ではコンパクトで丸みのあるフォルムのミニショルダーバッグ『ドリュー』が2014年に発表されると、たちまち人気に火がつきます。ドリューの特徴は、スムースカーフスキンやラムスキンを採用し、ゴールドのエレガントなターンロックとチェーンで大人の女性が持つ上品な可愛らしさを持つバッグに仕上げられています。

クリーニングメニュー