ルイ・ヴィトンのクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

ルイ・ヴィトンのクリーニングメニューです。ヴィトンのラインといえば、アイテムのほとんどに使われるブランドのアイコン『モノグラム』、そして『ダミエ』、ブランドイメージを刷新した『エピ』があります。

バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は11,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

 

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布|クリーニング・修理事例

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の財布をクリーニングした事例をご紹介します。

ルイ・ヴィトンの人気シリーズ「エピ」のクリーニング事例です。 オリジナルをがらっと変えて、ネイビーへのカラーチエンジのご依頼にお応えしました。

Before

After

Before

After

ご使用汚れとデニムの色移りの症状でした。 微妙な色調の色かけ(リカラー)です。ファスナーテープも念入りに洗いました。

Before ルイヴィトン財布

After ルイヴィトン財布クリーニング後

Before

After

クリーニングと磨き、色かけ(リカラー)を行いました。

Before

After

全体とファスナーテープの汚れが目立ちましたので、内側にはハイスポット拭き、外側のファスナーテープは中性洗剤でブラッシングしました。仕上げに内、外の革仕上げ剤と色かけを行いました。

Before

After

Before

After

ルイ・ヴィトンの人気アイテムのロングウォレットです。磨き・艶出し・保湿と色かけ(リカラー)で見違える仕上がりになりました。

Before ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング前

After ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング後

Before ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング前

After ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング後

ロングウォレットのクリーニング事例です。淡い色調なので、手あか・黒ずみ、インク跡までが大変目立ちました。クレンジング・磨き・色かけ(リカラー)で仕上げました。

Before ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング前

After ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング後

Before ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング前

After ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布 クリーニング後

パステルピンクとダミエのおしゃれ感満載のお財布。デニムの色移りが広範囲に付着でお困りでした。ほぼ完璧な仕上がりで、大変喜んでいただきました。

Before

After

Before

After

Before

After

人気のエピシリーズです。表面剥離・キズが大変目立ちました。丁寧な磨きと色かけ(リカラー)で仕上げました。マット感を出してほしいとの、ご要望でした。

Before

After

Before

After

変わらぬマストアイテム、エピ長財布です。念入りな磨き・艶出し、軽めの色かけ(リカラー)で仕上げました。自然な艶感が上出来です。

Before

After

Before

After

丁寧な磨き・艶出し・たっぷり保湿 ・色かけ(リカラー)施工で仕上げました。

Before

After

Before

After


ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグ|クリーニング・修理事例

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグのクリーニング事例をご紹介します。

バッグ裏地の染み抜き事例です。 中に大量のお茶をこぼされてお困りでした。臭いも強く、念入りな染み抜きとオゾン消臭でご満足頂きました。

Before

After

Before

After

淡いカラーのレザーは黒ずみ、剥離が目立ってきます。 クレンジング・磨き艶出し・色かけ(リカラ-)でご満足いただきました。

Before Louis Vuittonバッグ

After Louis Vuittonバッグクリーニング後

Before

After

長年使用し臭いが気になっていたバッグの臭い除去を中心にクリーニングいたしました。中性洗剤で拭き上げした上でオゾン消臭を行うことにより消臭いたしました。また内・外にエアーブローを施してあります。

Before

After

バッグをカラーチェンジ(異色染め)した事例です。 カラーチェンジ(異色染め)の料金についてはこちらをご覧ください。

Before

After

Before

After

キャンバスとレザーのコンビです。キャンバスは銀イオン水で丸洗い。レザーパーツは軽めの色かけ(リカラー)で仕上げました。

Before

After

Before

After

レザーバッグのクリーニング事例です。黄ばみ・黒ずみ・汚れを丁寧なクレンジングと色かけ(リカラー)で仕上げました。

Before ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグ クリーニング前

After ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグ クリーニング後

Before ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグ クリーニング前

After ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグ クリーニング後

内側に白カビが生えてお困りでした。画像からは分かりませんがカビ臭もハイレベルで改善されました。

Before

After

Before

After

エッジ部分の剥離を磨いて抑え、下地を作り色かけ(リカラー)で仕上げました。

Before

After

Before

After

お子様が、いたずらで除光液をたっぷり塗られてお困りでした。特殊しみ抜きで、ここまで除去ができました。

Before

After

Before

After

ひどくカビの発生でお困りでした。銀イオン水クレンジング・オゾン除菌消臭・磨き・艶出し・保湿で見違える仕上がりに。

Before

After

Before

After

ルイヴィトンエピ カビが広範囲に生えお困りでした。銀イオン水クレンジング・オゾン除菌消臭を念入りに施工しました。そして大胆に ブラックへカラーチェンジ。自信作です(カラーチェンジは素材の劣化がひどい場合等、施工ができないお品物もございます)。

Before  

After

Before

After


ルイ・ヴィトンについて

フランスのスーツケース職人、ルイ・ヴィトンが妻エミリーと1854年に創業した旅行用鞄専門店を創業したのがヴィトンのブランドヒストリーの始まりです。
世界中で知られるヴィトンのラインといえば、アイテムのほとんどに使われるブランドのアイコン『モノグラム』、そして『ダミエ』、ブランドイメージを刷新した『エピ』があります。

現在有名ブランドとして脚光を浴びるヴィトンですが、ブランドが光を浴び始めたのは創業者のルイ・ヴィトンが死去した後のことでした。
ルイの死後、息子のジョルジュにより世界的な企業にまで発展し、ブランドの先駆的存在であった『ダミエ』の模倣品が出回ったのをきっかけに、1896年にはブランドアイコンである『モノグラム・ライン』を発表。

その後、ビジネスの拡大のため世界中に店舗を拡大し、2003年には日本のデザイナー村上隆とのコラボ商品も発表されます。
これまでシックなイメージのカラーテイストであったモノグラム・ラインに、カラフルさをプラスした『モノグラム・マルチカラー』や『モノグラム・チェリーブロッサム』の発表で、既に定番ラインとなっているエピとはまた一線を画した、より女性らしい商品展開が期待されるようになりました。

クリーニングメニュー