ルイ・ヴィトンのクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

ルイ・ヴィトンのクリーニングメニューです。ヴィトンのラインといえば、アイテムのほとんどに使われるブランドのアイコン『モノグラム』、そして『ダミエ』、ブランドイメージを刷新した『エピ』があります。

バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は11,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

ルイ・ヴィトンのクリーニング事例

ルイ・ヴィトン「バッグ」のリカラー

詳細はこちら

ルイ・ヴィトン「財布」

詳細はこちら

ルイ・ヴィトンについて

フランスのスーツケース職人、ルイ・ヴィトンが妻エミリーと1854年に創業した旅行用鞄専門店を創業したのがヴィトンのブランドヒストリーの始まりです。
世界中で知られるヴィトンのラインといえば、アイテムのほとんどに使われるブランドのアイコン『モノグラム』、そして『ダミエ』、ブランドイメージを刷新した『エピ』があります。

現在有名ブランドとして脚光を浴びるヴィトンですが、ブランドが光を浴び始めたのは創業者のルイ・ヴィトンが死去した後のことでした。
ルイの死後、息子のジョルジュにより世界的な企業にまで発展し、ブランドの先駆的存在であった『ダミエ』の模倣品が出回ったのをきっかけに、1896年にはブランドアイコンである『モノグラム・ライン』を発表。

その後、ビジネスの拡大のため世界中に店舗を拡大し、2003年には日本のデザイナー村上隆とのコラボ商品も発表されます。
これまでシックなイメージのカラーテイストであったモノグラム・ラインに、カラフルさをプラスした『モノグラム・マルチカラー』や『モノグラム・チェリーブロッサム』の発表で、既に定番ラインとなっているエピとはまた一線を画した、より女性らしい商品展開が期待されるようになりました。

クリーニングメニュー