ダンヒル(DUNHILL)のクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

ダンヒルのクリーニングメニューです。ダンヒルは、ブランドの持つトラッドさの無駄を省いた上質なカーフレザーが魅力の『デュークコレクション』、クロムなめしと型押しカーフレザーで男らしくハードで洗練されたイメージに仕上げた『カドカンコレクション』などを展開しています。

バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は11,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

ダンヒルについて

イギリス ロンドンで父親の家業である馬具専門製造卸売会社を継いだ、アルフレッド・ダンヒルにより1893年に創業したダンヒル。当時急速に成長を遂げていた自動車の普及に伴い、オープンカーでのドライブにも使える服飾小物類やウェアなどを作り始めたのがブランドのスタートでした。

ダンヒルには、4人の子供がおり、内2人の息子と1人の娘もダンヒル社で働く一族経営により次々と事業の幅を広げていき、現在ではメンズアパレルを中心とした構想アパレルメーカーにまで発展を遂げています。

紳士の国で生まれたブランドらしい、紳士的でシンプルかつ機能性にも優れたダンヒルのアイテムの中でも人気のアイテムと言えば、ブランドの持つトラッドさの無駄を省いた上質なカーフレザーが魅力の『デュークコレクション』、クロムなめしと型押しカーフレザーで男らしくハードで洗練されたイメージに仕上げた『カドカンコレクション』などを展開しています。

また、日本においてのダンヒルといえば、サッカー日本代表が移動時に着用するスーツをダンヒルが手掛けました。この試みは、2000年から始まり、2017年時点においても変わることなく続けられています。それほどまでに、ダンヒルは日本にとってなじみ深いブランドであるといえるでしょう。

クリーニングメニュー