バリー(BALLY)のクリーニング・修理メニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

バリーのクリーニングメニューです。バリーではブランドの象徴でもある『バリーストライプ』をあしらったアイテムを多く輩出していて、ボヴィンレザー地にバリーストライプでアクセント付けした『TALIRO』や、ウィメンズで使えるボヴィンスプリットレザーを使ったバリーストライプの入った『SUPRA BOWLING SMALL』など、人気アイテムの定番デザインとして君臨しています。

バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は11,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は5,000円増となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。
  • エナメル製品(ルイヴイトンヴェルニなど)は、1点ごとのお見積りとなります。
靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律
衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

 

バリー(BALLY)バッグ|クリーニング・修理事例

バリー(BALLY)バッグのクリーニング事例をご紹介します。

大量の白カビ発生で、色褪め・硬化が進行していました。念入りな銀イオン水洗浄・オゾン除菌消臭・色かけ(リカラー)施工で仕上げました。

Before バリー(BALLY)バッグ クリーニング前

After バリー(BALLY)バッグ クリーニング後

Before バリー(BALLY)バッグ クリーニング前

After バリー(BALLY)バッグ クリーニング後


バリー(BALLY)革靴、スニーカー|クリーニング・修理事例

バリー(BALLY)の革靴やスニーカーのクリーニング事例をご紹介します。

スェードのスリッポンです。ネイビーブルーはクールですが色覚めしやすいですね。 汚れ除去とブラッシング起毛、うっすら色かけ(リカラー)で風合いが戻りご満足いただけました。

Before

After

Before

After

革スニーカーのクリーニング事例です。靴全体に擦れや傷が散見されたので、オイルクリーンを使用して全体の拭き洗いを行い、最後に仕上げ剤を全体にかけました。

Before

After

Before

After

Before

After

BALLYのロングブーツです。ソフトな印象のキャメルに色かけ(リカラー)のご要望にお応えしました。

Before バリー(BALLY)ロングブーツ クリーニング前

After バリー(BALLY)ロングブーツ クリーニング後

Before バリー(BALLY)ロングブーツ クリーニング前

After バリー(BALLY)ブーツ クリーニング後


バリーについて

靴にカーフレザーを採用する試み世界で初めて挑戦したバリー。
スイス シェーネンヴェルトで1851年にカール・フランツ・バリーが創業したバリーは、厳選した最高級レザーのみを使用した、モダンで機能性にも優れた靴づくりと、1976年以降からは服飾製品・レザー製品にも事業を拡大していきます。

スイス国内での靴の需要を見越して、創業前までリボン製造会社であった親族経営の会社を、靴製造メーカーへと転向したのがきっかけで、靴づくりへの情熱は1927年の靴の研究と開発をする『バリーラボ』を開設したことからもうかがい知ることが出来ます。
その結果が実を結び、1950年代に発表し人気を博した、メンズドレスシューズ『スクリーブ』にも生かされることとなります。

また、バリーではブランドの象徴でもある『バリーストライプ』をあしらったアイテムを多く輩出していて、ボヴィンレザー地にバリーストライプでアクセント付けした『TALIRO』や、ウィメンズで使えるボヴィンスプリットレザーを使ったバリーストライプの入った『SUPRA BOWLING SMALL』など、人気アイテムの定番デザインとして君臨しています。

それに加え、レザーシューズを専門として発展してきたバリーの技術を詰め込んだ、カーフレーザー仕様のメンズダービーシューズ『SCAMARDO』など、現代においても創業当時と変わらない製品づくりを続けています。

クリーニングメニュー