よくある質問

  • ご注文について
  • メンテナンスについて
  • クリーニング全般
  • ブランド別
ご注文に関する質問

Q:発送時の梱包はどうすれば良いですか?

不要な段ボールや、厚手の紙袋をお使い下さい。バッグ購入時付帯しているブランドのネル袋は送らないようにお願い致します。

Q:納期を教えてください。

30日~60日程度です。緊急の場合は、できる限りの対応を致しますのでご相談ください。

Q:クリーニング無し、色かけのみの注文はできますか?

肉眼で見えない汚れも除去してからの色かけ(リカラー)となるため、クリーニングも必要です。

Q:取り扱いしていただけないものはありますか?

汚物・吐しゃ物が付着した物(ペットのおしっこは除きます)合成皮革(ポリウレタン)劣化がひどい物はお取り扱いしかねます。

Q:キャンセルする場合は、どうなりますか?

工程に入った物のキャンセルはお受けできません。工程に入る前のキャンセルは、送料着払いで返送させていただきます。

Q:骨董品店で購入したヴィンテージ品のクリーニングはできますか?

もちろん可能です。しかし、ヴィンテージ品は革が経年劣化で脆くなっている場合があります。丸洗いすると破れる心配がある物は、ハンドケア(手作業)によるお手入れとさせていただきます。

メンテナンスに関する質問

Q:革バッグの保管のワンポイントアドバイスは?

革は湿気と紫外線を嫌いますので、風通しの良い暗い場所が最も適しています。弊社の保管サービスもお使いいただけます(有料)。

Q:バッグや革製品はどのくらいの頻度でクリーニングするのが良いですか?

ご使用状況や保管状況によりますが、年1回程度をお勧めしております。

Q:雨に濡れた革製品の良い対処法を教えてください。

革の表面の水分を乾いたタオルでできるだけ吸い取り、直射日光や直火は避け、風通しの良い日陰で乾かしてください。 雨の跡が残る場合は、ご相談ください。

クリーニングに関する質問

Q:革表面に白い粉のような物が浮いています。カビのニオイは全くしませんが何でしょうか?

スピューと呼ばれており、カビと間違える方が多いです。スピューは革の脂肪分が表面に浮いて出てくるものです。

Q:バッグから異様な強いニオイが出ており、どこに頼んでも断られています。直りますか?

同様のお問い合わせは、年間相当数いただきます。おそらく、バッグ製造時に使用されている接着剤が経年劣化して強いニオイを発しています。加水分解の症状であり、残念ながらお直しは難しいです。

Q:赤いカビがポツポツ出ています。何とかなりますか?

表革(スムースレザー)の場合は、色かけ(リカラー)である程度目立たなくできます。しかし、スエードの場合、お直しは難しいです。

Q:財布の内側がベタベタして剥がれてきました。クリーニングで直りますか?

内側の合成皮革(ポリウレタン素材)が経年劣化している典型的な症状です。クリーニングでは直りませんが、内側の張替えが可能ですので、よろしければお見積もり致します。

Q:バッグの金具から緑色の錆のようなものが出ていますが、直りますか?

肉眼で見える部分はかなりきれいになりますから、ご安心ください。しかし、ハトメの内側の見えない部分は取り切れません。

Q:タンスの防虫剤の強いニオイが革バッグについてしまいました。何とかなりますか?

水洗いまたはナノマイクロバブル洗浄により軽減できます。消臭加工も致しますが、完全には取り切れない可能性もあります。

Q:バッグに猫の尿がついて強いニオイが出ています。直りますか?

水洗いまたはナノマイクロバブル洗浄により軽減できます。消臭加工も致しますが、完全には取り切れない可能性もあります。

Q:バイク用のレザーつなぎの汗のニオイとベタベタ感は治りますか?

もちろんバイク用品のクリーニングも受け付けております。日本・ヨーロッパの有名ブランドのレザーつなぎも安心してお任せいただけます。念入りな銀イオン水による丸洗いで、ニオイが軽減されつなぎが軽く感じます。

Q:スマホケースのクリーニングはできますか?

もちろん可能です。最近ご要望が急増しており、グッチ・プラダやアグのムートン素材のスマホケースもクリーニングしております。

Q:オイル加工のジャケットは洗えますか?

もちろん、洗えます。弊社の技術、ナノマイクロバブル洗浄により安心してお任せいただけます。しかし、ある程度オイルが抜けることは避けられないので、やや味わいの変化が発生します。

ブランド別の質問

Q:シャネルのキャビアスキンのバッグが擦れてくたびれた感じになった物は直せますか?

同様のお問い合わせは、年間相当数いただきます。磨き艶出しと、色かけ(リカラー)により大きな改善が見込めます。ただ、キャビアスキンは凹凸でわずかな色の差があるのが味わいです。残念ながら、この差の味わいは復元できませんが、徐々になじんで参りますので、ご安心ください。

Q:エルメスのガーデンパーティのキャンバス部分が黄ばんでいるのは直せますか?

同様のお問い合わせは、年間相当数いただきます。キャンバスには表面にコーティングしてあるタイプがあります。このコーティングの内側に汚れが入り込んでしまったり、黄ばみが出た場合はお直しは難しくなります。

Q:ロエベのスエードのバッグの黒ずみは治りますか?

同様のお問い合わせは、年間相当数いただきます。熟練職人のハンドケア(手作業)によるお手入れでかなりの改善が見込め、多くのお客様にご満足頂いております。しかし、スエードの手触りや色調が僅かに変化致します。

Q:プラダの革と布素材のバッグの布がしばらくしまっていたら色が変わって布が緑色っぽくなっています。クリーニングで直りますか?

布はテスート(ナイロン)の場合が多いです。おそらく汚れではなく変色しておりクリーニングしてもお直しは難しいです。

Q:ベルルッティのカリグラフィー加工のバッグは水洗いできますか?

大変デリケートなヴェネツィアレザーが使用されています。水洗いは不向きなため、熟練職人のハンドケアとさせていただきます。すでに200点以上の実績があります。

Q:ゴヤールの内側にお茶をこぼしてシミになりました。 近所のクリーニング店で断られましたが、何とかなりますか?

トートバッグの内側のキャンバスでしたら、かなりのレベルで除去可能です。

Q:バレンシアガのバッグの黒ずみはキレイになりますか?

バレンシアガの色かけ(リカラー)は相当数経験があり、ご満足頂いております。しかし、バレンシアガ製品は良く見ると濃淡(グラデーション)がある味わいですが、その味わいは復元できません。

Q:ファー素材100%のバッグは洗えますか?

もちろん洗えます。しかし、ファーの毛根が弱っていたり毛にハリが無い場合は洗うと脱毛する心配があるため、熟練職人のハンドケアとさせていただく場合もあります。

Q:エンメティのムートン素材とダウンが使われたジャケットのクリーニングを断られました。何とかなりますか?

同様のお問い合わせは、年間相当数いただきます。リアルムートンとダウンのコンビ品のクリーニングは大変難しく、水洗いも不向きです。熟練職人のハンドケアとさせていただきますが、十分ご満足いただけます。

Q:ジリーのクロコのベルトは洗えますか?

水洗いは不向きです。熟練職人のハンドケアとさせていただきますが、十分ご満足いただけます。

Q:水沢ダウンのコートのクリーニングを近所のクリーニング店で断られました。洗えますか?

もちろん、洗えます。弊社の技術、ナノマイクロバブル洗浄により安心してお任せいただけます。しかし、シームレス部分のテープが経年劣化しているものは洗うとテープが剥がれる場合がありますので、熟練職人のハンドケアとさせていただく場合もあります。

Q:モンクレールのダウンコートにファーが縫い付けられています。洗うことはできますか?

同様のお問い合わせは、年間相当数いただきます。もちろん洗えます。弊社の技術で、水洗いによりダウンはふっくら仕上げ、ファーも脱毛しません。

Q:マッキントッシュは洗えますか?

もちろん、洗えます。弊社の技術、ナノマイクロバブル洗浄により安心してお任せいただけます。

クリーニングメニュー

クリーニング事例