ヘルノ(Herno)のクリーニングメニュー~衣服~

ヘルノのクリーニングメニューです。最初に展開したレインコートをはじめ、カシミアコートやリバーシブルに使えるアイテムのほか、ラグジュアリーウェアに特化したジャケット・スーツ・ドレスについても次々と発表し世界に発信していいます。

衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

ヘルノについて

第二次世界大戦直後の1948年、イタリアのマジョーレ湖畔付近に面する自然豊かな町レーザで、当時まだ24歳のジュゼッペ・マレンツィがヘルノを立ち上げます。気候の変動が激しいレーザでは、雨風から身を守るためのウェアが必要であると直感したジュゼッペは、兵役時代の経験と知識を生かし耐水性の強いヒマシ油を調達すると、防水性に優れた生地を開発することに成功します。

そしてジュゼッペの妻ダイアナとともに、ヘルノの最初のアイテムであるレインコートを発表。さらに、1960年代にはカシミアコートやリバーシブルに使えるアイテムのほか、ラグジュアリーウェアに特化したジャケット・スーツ・ドレスについても次々と発表し世界に発信していきました。

2000年代に息子であるクラウディオ・マレンツィに経営権が渡ると、ブランドコンセプトはラグジュアリーブランドとして転換することとなります。クラウディオは、伝統と最新を融合した現場づくりに励み、メイド・イン・イタリーのクラフツマンシップを重視したパフォーマンスを展開していきます。同社の強みである、防水性・通気性・軽量さは、創業時の父ジュゼッペの機能性に対する熱意を息子が継承し、現在のヘルノのアイテムづくりに生かされ続けています。

クリーニングメニュー