グッチ(GUCCI)のクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

グッチのクリーニングメニューです。グッチの定番ラインといえば、正統派な『GGキャンバス』、最上級レザーをエンボス加工した『グッチシマ』、日本限定モデルで2016年に登場した『GGリボン』、カーフレザーにGGマークをあしらった『ソーホー』などがあります。

  • バッグ
  • 革小物
  • 靴(ブーツ)
  • 衣服
バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は33,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。

革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は16,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。

靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律

衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

グッチについて

イタリア屈指のブランドであるグッチは、1921年にグッチオ・グッチによって創設されました。

ブランド開設当初は、グッチのブランドシンボルである乗馬モチーフの皮革製品が人気を博していましたが、第二次世界大戦の勃発による物資統制により皮革製品に代わる素材を探す必要性に迫られます。

こうした苦境の中誕生したのが、グッチ初のブランドアイコンとしても知られる、”GGキャンバス”です。

ブランドとして初の試みとなるシグネチャーパターンは、1970年代に確立され現在でも多様なデザインと融合しながら新しいグッチのアイテムを世に排出しています。

また、同年代に開発された人気モデル『バンブーバッグ』は、竹を使ったU字型のハンドルが特徴で、現在においては『ニューバンブー』では、伝統と新時代の融合を加えた、ピッグスキンをベースにしたクラシックスタイルのアイテムも登場しています。

グッチの定番ラインといえば、正統派な『GGキャンバス』、最上級レザーをエンボス加工した『グッチシマ』、日本限定モデルで2016年に登場した『GGリボン』、カーフレザーにGGマークをあしらった『ソーホー』などがあります。

現在では、ケリンググループのラグジュアリーブランドとして更に発展を遂げ、2017年のクルーズコレクションでは、インパクトの強いスネークヘッドクロージャーに、バッグ生地にはスネークレザーを使用した『スネークレジャートップハンドル』など、革新的なデザインを発表し続けています。

クリーニングメニュー