シャネルのクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

シャネルのクリーニングメニューです。バッグでは『マトラッセ』、『マドモアゼル』。財布では『カンボンライン』、『マトラッセライン』など、あらゆるシャネルの商品が対象となります。

  • バッグ
  • 革小物
  • 靴(ブーツ)
  • 衣服
バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は33,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。

革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は16,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。

靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律

衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

シャネルのクリーニング事例

シャネル「財布」

詳細はこちら

 

シャネル「バッグ」

詳細はこちら

シャネルについて

服飾をはじめとした香水・化粧品にいたるまで扱うトータルアパレルブランドとして有名なシャネル。バッグでは『マトラッセ』、『マドモアゼル』。財布では『カンボンライン』、『マトラッセライン』などがブランドの中のポピュラーなデザインとして、幅広い世代に人気です。

1909年に、ブランドの創業者ココ・シャネルが、当時の交際相手の援助を受けて帽子店として開業したのがシャネルの始まりでした。その後、パリを拠点に店舗数を拡大し、ブランドのドレスの祖となる『リトル・ブラック・ドレス』の発表、コレクションへの出品や初の香水の発表など活動の幅を広げていくものの、第二次世界大戦勃発のため、アクセサリーと香水以外の全ての店舗が閉店に追い込まれます。

1944年のパリの解放から10年後の1954年、ようやく閉鎖していた店舗を再開すると、1970年に香水『No.19』を発表するもその翌年にシャネルが死去します。

若かりし頃のシャネルが、『C』と書かれた薄い紙を2枚持っていた際に、たまたま1枚が裏返ってもう一方に重なり、シャネルのロゴが生まれるインスピレーションを受けたという逸話があります。
シャネルの死後も『古い価値観にとらわれない女性像』というブランドポリシーを保持しつつ、現代的なインスピレーションも迷わず受け入れるブランドとして、日々目覚ましく発展しています。

クリーニングメニュー