カルティエ(Cartier)のクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

カルティエのクリーニングメニューです。カルティエのレザー製品には、ラグジュアリー感のある高級カーフスキンが採用され上質な質感と、宝石細工職人であった初代のソウルを込めた夢のあるデザイン性は、カルティエならではのものと言えるでしょう。

  • バッグ
  • 革小物
  • 靴(ブーツ)
  • 衣服
バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は33,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。

革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は16,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。

靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律

衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

カルティエについて

1847年、フランス パリにあるジュエリー工房の主である宝石細工職人アドルフ・ピカールから工房を引き継ぎ、ルイ=フランソワ・カルティエが創業を開始します。1853年から1870年の間に行われたオスマニザシオンと呼ばれるパリ改造の影響を受け、世界で最も美しいと称される都市に変貌を遂げたオペラ座付近に店舗を移転し、パリの富裕層から人気を集めるようになります。

その間にも世界中の王族御用達となるまで発展を遂げたカルティエは、1904年から腕時計の製造にも着手。1908年には、カルティエのブランドロゴとしても有名な『C』のロゴが出来上がります。

さらにレザー製品や万年筆など、ウォッチ&ジュエリーの名工でもあるカルティエがつくりだす世界観を存分に表現したアイテムの数々は、世界中のファッショニスタに評価を受け、1970年代に発表され世界中に熱狂的なファン層を持つコレクション『マスト ドゥ カルティエ』の誕生や、1914年に誕生したカルティエのアイコン『パンテール ドゥ カルティエ』など現在でも創業当時のクオリティを保ちつつ名品を生み出し続けています。

カルティエのレザー製品には、ラグジュアリー感のある高級カーフスキンが採用され上質な質感と、宝石細工職人であった初代のソウルを込めた夢のあるデザイン性は、カルティエならではのものと言えるでしょう。

クリーニングメニュー