バレンシアガのクリーニングメニュー~バッグ、革小物、靴(ブーツ)、衣服~

バレンシアガのクリーニングメニューです。バレンシアガは、モード界ではその名を知らぬ者はいないほどの高名であり、『クチュール界の建築家』と評され、主にバレンシアガ=クラシックラインといわしめる『クラシック』、セレブ御用達の『ネイビー』、クラシックと並ぶ定番ラインの『ジャイアント』などのメインラインを持っています。

  • バッグ
  • 革小物
  • 靴(ブーツ)
  • 衣服
バッグのクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +1,200円
  • 消臭 +1,200円
  • 防カビ +1,200円
備考
  • B5サイズ~ボストンバッグまで一律料金となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は33,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、3,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、3,000円増となります。
  • ショルダーベルトチェーン部分レザーの色かけ(リカラー)は3,000円増となります。

革小物のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの価格となります。
オプションメニュー
  • 撥水 +800円
  • 消臭 +800円
  • 防カビ +800円
備考
  • 小物は、長財布・財布・キーケース・キーホルダー・小銭入れ・スマホケース等が対象となります。
  • (※1)=綿・ナイロン・ポリエステル、(※2)=皮革・皮革と異素材のコンビ品
  • 異色染め(淡色系から濃色系へ)は16,500円となります。
  • カラーがツートンの場合、2,000円増となります。
  • ステッチ(糸目)残しの場合、2,000円増となります。

靴(ブーツ)のクリーニング料金

  1. スニーカー (キャンバス素材 レザー素材)
  2. 紳士革靴・レディース革靴・パンプス・ミュール・サンダル
  3. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのブーツ一律
  4. ショート・ハーフ・ロング・ニーハイ すべてのムートン素材ブーツ一律

衣服のクリーニング料金

  • 金額はすべて税抜きの料金となります。
商品分類
  1. レザー・またはレザーと※異素材のコンビ品
  2. ムートン・またはムートンと※異素材のコンビ品
    ※異素材とは:シルク・ナイロン・テスート・ポリエステル・コットン・麻・ウール・ダウン など

A:シャツ・ジャケット・ブルゾン・ジャンパー・コート
B:ベスト・パンツ・スカート
C:手袋・帽子・マフラー・ショール

オプションメニュー
  • 撥水 +1,500円
  • 消臭 +1,500円
  • 防カビ +1,500円

バレンシアガのクリーニング事例

バレンシアガ「キャンパス生地のバッグ」

詳細はこちら

バレンシアガ「皮革バッグ」

詳細はこちら

バレンシアガについて

1914年に、スペインでクリストバル・バレンシアガにより設立したバレンシアガは1930年、スペイン内戦によりパリに本店を移転してます。
モード界ではその名を知らぬ者はいないほどの高名であり、『クチュール界の建築家』と評され、主にバレンシアガ=クラシックラインといわしめる『クラシック』、セレブ御用達の『ネイビー』、クラシックと並ぶ定番ラインの『ジャイアント』などのメインラインを持っています。

1950年代には、競合高級ブランドと並行するほどの知名度を誇り、1998年にグッチグループ、2013年以降はケリンググループの傘下となっています。
世界でも指折りのソーシャライト『モナ・フォン・ビスマルク』に作ったワードローブにインスパイアされた2016年秋冬メンズコレクションを発表し、大胆でユニークな発想のウィメンズ・メンズコレクションが話題となりました。

また、日本国内においては路面店がない上、デパート内の直営店が少数である、眼鏡フレームやサングラスを『サフィロジャパン』、香水・コスメ類を『コティ・プレステージ・ジャパン』が取り扱っているもののファッションアイテムについては、日本法人である『バレンシアガ・ジャパン』が取り扱っています。

クリーニングメニュー